HOME>ホットトピックス>【口を開けて笑おう】門真市の歯医者で矯正の相談をしよう!

目次

歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因は大きくは生活習慣と言われています。指しゃぶりや爪噛みなど、歯に負担を書ける行動が習慣になっていると歯並びが悪くなる原因になります。また、乳歯のうちに虫歯になってしまうと通常より早く歯が抜けて、永久歯が生えてこなくなる原因になります。そうなると歯並びが悪くなるそうです。

歯並びの種類

歯並びが悪いことは歯列不正と呼ばれます。歯列不正には4つ主な種類があります。まず、一番多い歯列不正としてあげられるのが、叢生と呼ばれる歯が重なって生えてしまう状態を言います。八重歯もこの状態です。現代人の特徴としてあごが小さくなっているので、歯が生えるスペースが十分にないということが考えられます。2つ目は出っ歯です。上顎が下顎よりも大きく前に出ている状態で、指しゃぶりなどでも現れます。また、遺伝でも起こりやすい歯列不正の一つです。3つ目は受け口です。出っ歯とは逆の状態で、上顎よりも下顎が出ている状態です。遺伝や口呼吸が原因と言われています。4つ目は開咬と呼ばれるもので、前歯が噛み合わないのに、奥歯だけが噛み合っている状態を言います。おしゃぶりの使用でなることがあります。

矯正治療を相談しよう

どうしても歯並びが気になるなら矯正治療を検討しましょう。ブラケット呼ばれる金属の器具を使って矯正することが一般的ですが、最近では目立ちにくい矯正やマウスピースで行う矯正が出てきました。時間も費用もかかるのが矯正ですので、信頼できる門真市の歯医者に相談してみるといいでしょう。自分の歯並びにあった矯正の相談に乗ってくれますよ。また、特殊な矯正が気になっている場合には事前にその矯正が可能かを問い合わせておきましょう。

広告募集中